観光ガイドのお仕事について

学校を卒業して就職する際にどういった道に進むか迷うといった人も多いことでしょう。自分のやりたいこと、やれること、限界などさまざまなものを感じつつ、突き進むより他ありません。就職試験を受けたもののなかなか思うように行かない場合もあるかと思います。そうした人は原点に立ち返って、「自分のやりたいこと」を見つめ直してみましょう。自分の意と反した路線に進もうと思っても、それこそうまく行かないものです。

就職試験が上手くいかない理由はそこかもしれません。就職試験で面接があるかと思います。面接官の中には最初の10秒間で判定を下す人もいるのだとか。
例えば旅行が好きといった人は観光ガイドの仕事を目指すのも良いでしょう。観光ガイドは今後さらに需要が高まります。特に2020年の東京オリンピックは通訳関連の仕事が急激に伸びる時代です。

みなさんは「通訳案内士」という資格を耳にしたことがあるでしょうか?通訳案内士は国家試験の1つです。外国人ゲストの通訳や観光案内をする仕事でそれによって報酬を得るものです。外国人観光客を相手に仕事をすることとなります。ガイドをする特権としてどういったものがあるのか?というと何といっても色んなスポットにいけるといった点です。国内はもちろん、海外でも需要があります。海外旅行も仕事を兼ねていけるという美味しい職業です。

例えば富山県は温泉が多い地域でもあります。数多くある名湯の中でも屈指と評判なのが「宇奈月温泉」です。まだ行ったことがない方はぜひとも行ってみてください。宇奈月温泉の中でも名旅館として名高いのが「延楽」です。延楽では雄大な黒部川を見渡すことができます。客室から見渡せるので部屋でのんびり見学するのも良いでしょう。ここでは富士湾ならでの旬の料理も多数あります。色んな創作料理があるのでそちらもチャレンジしてみましょう。

また露天風呂についてもおすすめです。ここの露天風呂は額縁の中に書かれた絵のようなお風呂です。わざわざここまで来た甲斐があると感じる人も多いことでしょう。ここでおすすめしたいのが社長自らがガイドを勤める「宇奈月温泉早朝ガイドツアー」です。このツアーはとても面白い!と評判です。どういう風に面白いのか?興味深いところです。

ここは和のおもてなしを徹底している旅館でもあります。延楽は昭和12年に開業したのですが、当時はまだ名前がほとんど知られていない温泉でもありました。ツアーなどでさらにメジャーになった旅館です。